安楽な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

SugarSyncでDesktopを共有

私はPCのサクサク感をトレードオフしてでも直近の作業内容をデスクトップに置いておきたい人です。そこでいつぞやにも書いたようにデスクトップを共有してみました。

アップロードとダウンロードの速度は。。。な感じです。
有料版になるとSugarSyncではさらにそれらのスピードがアップするようです。

SugarSyncの問題点を強いて挙げるならば、無料版では2つまでしか端末間の同期がとれないことでしょうか。
無料ユーザーの同期できるPCの台数を無制限に変更(2010年11月11日)

ただ、一長一短があるので、双方の進化をみながらつきあっていこうかなと思うわけです。

DropBoxとSugarSyncがメジャーなサービスですが、今のところDropBoxは高い普及率から他人と共有用、SugarSyncはフォルダ場所の自由度からデスクトップやらプロファイルの管理用という風に棲み分けしていこうかと思います。

まずは、FirefoxやThunderbirdのプロファイルなんかをSugarSyncで共有してみようかのお。できたら幸せだなあ。その前にノートパソコンのSSDの容量を増やさないとな。。。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

出張先でもネット振り込み

最近、出張先で振り込みしたいってことがよくあります。

私は過去にも触れたように、MoneyLook3 with Yahoo! JAPANで資産管理(という程であるわけもないのですが)をしています。
ダウンロードはこちら
β版はこちら
ある情報筋によるとβ版への乗り換えはまだまだ早いとのことです。

今まではセキュリティ面からデスクトップから使用していたのですが、前述の要求からノートの方で使用しようと考えました。

お引っ越しは非常に簡単で、Program Fileフォルダ内から当該ソフトのフォルダを捜索し、userファイルをコピーして移動するだけです。良くある質問の中からこちらの記事を参考にしました。

どうもDropboxでの共有はできないようです。残念。ただ、DropboxにUserフォルダを自動バックアップする仕組みを作ればいいのかなあ。うまくやっている方情報を下さい。SugarSyncなら上手くいくのかも知れない。。。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

REGZAをより快適に2

5月から6月にかけてはワールドカップ、7月はツールドフランスとスポーツイベントが目白押しということで、ジャンジャンと録画させて頂きました。

交換ソケットにはHDDをいくつか搭載してみましたが、2.5インチ、3.5インチに関係なく正常に動作しました。
私が使用したのは
・320GB 3.5inch Western Digital WD3200AAKS
・120GB 2.5inch TOSHIBA MK1032GSX
でした。

以下は雑感。

ただ、交換の際には3.5インチのHDDの取り付けにおいてケーブルが窮屈であった。3.5インチにもいろいろな規格があるので難しいのかもしれないが、もっと取り付けが簡単だと良いという印象を受けました。2.5インチをあの馬鹿でかいケースに入れるのは少々もったいない気がするので、もう少しコンパクトにして頂きたい。

黒のデザインがテレビとマッチしていた。また、材質も埃を寄せ付けるものでは無かったので良かった。ただ、値段が一番のネックとなりそうである。USB3.0のありがたみが出てくると割安感が出てくるのかもしれません。

静音性ですが、これはHDDの性能にもよるので何とも言えないが、録画時でなければ我慢できる程度といったところでした。

もしテレビの録画を目的とするユーザーをターゲットにするのならば、予めHDDを内蔵した形で販売するのが良いと思いました。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

SSDを大切に

父から速報が入りました。
SSDにデフラグは必要?、インテルの天野氏がSSDユーザー必見のTipsを披露 ITPro

ということで、記事の中から3つを実施しようと思います。現在進行形

1.注意したいのが、衝撃を検知してHDDのヘッドを退避させるショックセンサーを内蔵しているノートPCだ。この仕組みはSSDでは不要なので切るようにし たいが、なかには設定をオフにできない機種もあるので注意してほしいと語った。

→レッツノートでは可能なのかわかりませんでした。わかる人がいらっしゃいましたらご教授下さい。


2.省電力なSSDをノートPCのバッテリー駆動時間延長のために導入している人も多いが、さらなる駆動時間の延長が図れる「DIPM(Device Initialed Power Management)」を有効にするべきだと語った。Windows 7では、標準だと「HIPM(Host Initiated Power Management)」になっている。レジストリを変更して、HIPMに加えてDIPMも使うようにするのがベストだという。


こちらを参考に実施



3.さらにマニアックなSSD情報として、利用しているSSDのモニタリング情報からSSDの健康状態が判別できると解説。インテルが配布している 「Intel Solid-State Drive Toolbox」を利用すれば簡単にチェックできるので、トラブル前の交換時期の目安にぜひ利用してほしいとした。

ダウンロードとインストールはこちらから
Intel® Solid State Drive Toolbox

しかし、ファームウェアは最新でないので、状態をみれないようなのでこれからファームウェアを入れます。
Intel® SATA SSD (ソリッド・ステート・ドライブ) ファームウェア・アップデート・ツール

新しいファームウェアではTrimコマンドが有効になるそうです??
SSDのTrimコマンドとは?
http://www.pasotora.com/archives/2010/04/ssdtrim.html

ファームウェアの更新はBIOSからやる必要があるんですね。。。isoファイルを仮想ドライブでマウントと考えていたのですが駄目でした。外付けのDVDドライブが初登場です。。。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

REGZAをより快適に1

ワールドカップも予選リーグの佳境を迎えています
我が家のワールドカップ観戦では、エコポイント間際の3月に滑り込みで購入したREGZA Z9000が主役です。
このテレビは外付けHDDを接続するだけで録画が可能になるとあって、依然人気のようです。
私もその人気に乗っかったわけですが、PCのHDDの換装や買い換えで余っていたHDDを有効活用するために、RATOCの外付けリムーバブルケースセット(USB3.0リムーバブルケースと交換用トレイ)を導入しました。



本体に付属する交換トレイと、別売りの交換トレイの2つというのが今回の導入の肝でした。
ダビング機能を活かすにはREGZAから2台のHDDを接続しておくのが良いです。
私はUSBハブでRATOCの筐体(HDD2個を使い分け)とBuffaloの外付けHDDを接続しました。
そうすると大容量のメインHDDディスクに録画しておき、それらをRATOC側の小さなHDDに取り分けておけば、必要な時にHDDをとりかえることができる保存版のHDDができあがります。勿論ダビングの手間を考えて、HDDをこまめに取り替えるのも手かもしれません。

このケースはソケット式のため交換が非常に容易でした。そのため、ドラマの集中放送などのときは新しいHDDケースに取り換えての録画というのも可能でした。ただし、地デジはダビングできるのですが、BS/CSはダビングができないので、保存を考えている場合には要注意です。

7月9日まで出張なので7月10日から25日までスカパー無料でツールドフランス観戦してみよう!!!
http://www.e2sptv.jp/info_news/16days_free/
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。